良い歯医者の見つけ方を知る

>

腕の良い歯医者とは

治療の前の大事

歯科衛生士という国家資格を持った人がいます。
歯科衛生士は虫歯を治療するのではなく、虫歯の予防などの口腔ケアを指導する専門のスタッフです。

歯科衛生士は、歯科医師が歯の治療を行う前に、歯の洗浄を行ってくれます。
人の口の中には細菌がいます。
なので、キチンと洗浄をせずに歯の治療を行ってしまった場合には、歯に付いていた汚れごと歯の型を採ってしまうということが起きてしまいます。
また、歯の汚れを巻き込んで、そのまま詰め物をしてしまい、治療がうまくいかないということが起きる可能性があります。

歯科衛生士の役割は、歯科医師と同じくらいに重要なものになります。
なので、歯医者を選ぶ際には歯科衛生士がいるかどうかを確認しておきましょう。

専門としている治療がある

歯医者にも、それぞれに得意不得意と言うものがあります。
そういった場合には、自分が不得手な診察や治療などは行わず、治療に来た人が希望するのであれば、適切な歯医者を紹介してくれます。
自分が不得意もしくは専門性が低いと思う治療を行わなければならないという時に正直に言う歯医者が腕の良い歯医者になります。

歯医者であっても、虫歯や歯周病などを主に治療する歯医者から、歯や口元の美しさを主にした治療を行う歯医者、インプラントや抜歯を主とする歯医者。
また、手術が必要となるような口腔外科治療を主にしている歯医者など、歯医者で歯の治療と言っても色々なものがあります。

得意としている歯の治療が何なのかは、その歯医者のホームページなどにその歯医者の経歴などが載せられているので、調べるとわかります。